「老後破産」や「老後2000万円問題」など、年金世代のお金をめぐるニュースは、ハッピーなものが少ない気がします。

ご自身の老後に、漠然とした不安を覚える方も少なくないでしょう。「自分が払っている保険料分の元は取れるの?」などと感じる方もいるのでは。

現役世代の私たちが「年金世代」になるころに、いまの給付水準が維持されているかどうかは分かりません。とはいえ、今のシニア世代が受け取る年金額を知ることは、老後を見据えたマネープランを練る上で何らかの参考になりそうです。

続きを読む

そこで本日はFPの資格を持ちファイナンシャルアドバイスをしている私から、今のシニア世代が受け取る国民年金・厚生年金の受給事情をお話ししたいと思います。

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

年金制度のキホンをおさらい!

働き方などにより、加入する年金制度が異なります。

拡大する

老後に受け取る年金も、人それぞれ。

1階部分の「国民年金(基礎年金)」は、公的年金制度のベースです。原則として日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人に加入義務があります。2階部分の「厚生年金」は、会社員や公務員が国民年金に上乗せする形で加入します。

国民年金の「第1号被保険者」は、「第2号・第3号被保険者以外の人」、と考えるとよいでしょう。自営業・農業者・学生などと、その配偶者が対象です。

厚生年金「実際の受給額」平均と個人差

厚生労働省年金局が公表する「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」 から、実際の受給額事情を確認していきます。まずは、民間企業の会社員が受け取る厚生年金から。

※厚生年金保険(第1号)の年金月額には、国民年金(基礎年金)部分を含みます。

厚生年金保険(第1号)年金月額【男女別】

厚生年金の受給額分布

拡大する

個人差・男女差が大きくみられますね

男子 平均年金月額:16万4770円(計1066万6981人)

【内訳】
~5万円未満:15万977人・5万~10万円未満:97万6724人
10万~15万円未満:261万3866人・15万~20万円未満:436万9884人
20万~25万円未満:224万9128人・25万~30万円未満:28万8776人
30万円以上:1万7626人

女子 平均年金月額:10万3159円(計531万9978人)

【内訳】
~5万円未満:31万5100人・5万~10万円未満:234万1321人
10万~15万円未満:218万2510人・15万~20万円未満:41万2963人
20万~25万円未満:6万3539人・25万~30万円未満:4166人
30万円以上:379人

 

厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は、男女全体で14万4268円、うち男性が16万4770円、女性が10万3159円となっています。

厚生年金の場合、現役時代にの収入に応じた年金保険料を給与天引きで納付します。その保険料が、納付月数とともに老後の受給額を左右するのです。

女性は、結婚・出産・子育てによって、会社を退社するなど働き方が変わる人が多いですね。よって、このような受給額の男女差が生じることが考えられます。

とはいえ、ひと頃より共働き世帯がぐんと増え、「稼ぐ女性」もこれまた増加中。いまの現役世代の私たちが年金生活を迎えるころには、厚生年金の男女差は縮まっていることも予想されますね。