「老後の資金」のために、今からできること

コツコツ貯金を継続することは大切です。とはいえ、超低金利時代のいま、銀行などの預貯金につく利息はほんのわずか。残念ながら、ほとんど資産は増えません。

そこで重要となるのが、「お金にも働いてもらう」、つまり資産運用をしていく発想です。預貯金だけで保有した場合と比べ、「効率よく」お金を増やしていくことにつながります。年利0.01%、3%、6%で運用した場合に、どのくらい差が出るか見ていきましょう。

「毎月5万円を30年間」積立てたケース

(金融庁「資産運用シミュレーション」にて試算)

積立金額(元本):1800万円

  • 年利0.001%の場合:2693円増加
  • 年利3%の場合:1113万6844円増加
  • 年利6%の場合:3222万5752円増加

運用利率によって、同じ「1800万円」の育ち方が20年間でこれほど違うのです。せっかく長い間かけて準備していくのであれば、運用して大きく増やしていきたいですね。

資産運用のポイントは「時間を味方につけること」といえます。「早めに・自分に合った」運用スタイルを見つけていきましょう!

関連記事

参考資料