この記事では株の初心者が気をつけたい4つのミスと、ミスを防ぐためにおこなうこと4つを紹介していきます。ミスに気をつけて株式投資を行っていきましょう。

株の初心者が気をつけたい4つのミス

株の初心者が気をつけるべきミスについて、大きく4つに分けて紹介します。

その1:1つの銘柄に集中して投資をした

1つの銘柄に集中して投資をしてしまうと株価が下がったときの損失が大きくなります。よって、1つの銘柄に集中して投資をすることは避ける、銘柄の分散投資をおすすめします。

続きを読む

分散には下記の3つの方法があるので覚えておくとよいでしょう。

  • 銘柄の分散(複数の企業の銘柄を保有すること)
  • 地域の分散(米国株と日本株など、複数の国の銘柄を保有しておくこと)
  • 時間の分散(購入する時間を分けること)

その2:売却のタイミングを逃してしまった

例えば、新製品が話題となって保有していた株の株価が上昇したとします。株価は想定よりも上昇し、目標としていた水準をすでに超えていたのですが、その新製品に不具合がでてしまい、株価が下落してしまいました。

つまり、売ろうと思ったときは買ったときの値段よりも下がってしまったというようなケースです。

目標とした金額に達したときに、すぐ売却といった行動をとっておけば防げたミスです。目標金額に達したら売るというルールづけが重要です。

その3:資金がないのに信用取引で投資してしまった

信用取引とは、株や現金を担保にし証券会社に預け、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、売ったりする取引のこと。

自己資金が少なくても取引がおこなえるのがメリットですが、相場の下落時には追加の保証金が必要になる場合もあります。

株式投資をする際は資金に余裕を持った状態で行いましょう。

その4:テレビや雑誌で話題になっている株を買ってしまった

高騰していた話題の株を購入後、まもなく株価が下落したケースです。

話題になっているということは、株価が高騰する可能性は高くなりますが、話題になっている頃には既に株価が上がり切っていることもあるので、その後下落する可能性があります。