おウチ時間が増えたことで、植物に興味を持つ人が増えているようです。

植物を育てて楽しんだり、緑を見て癒やされたりする時間は、何事にも代えがたい大切なひとときでもあります。

本日はガーデニング歴20年の著者から、手軽に育てられるミニ観葉植物を8種を紹介します。最初は小さくても大きく育てることもできる、丈夫な植物ばかりです。値段も手頃で初心者にもオススメ。さっそくみていきましょう。

関連記事:【観葉植物】吊るしておしゃれに!ハンギングプランツの基本、飾り方のコツ

続きを読む

ミニ観葉植物、100均でも買える!

ミニ観葉植物はお部屋に飾りやすいところがメリット。耐陰性がある植物なら洗面所などに置いてもオシャレです。自由に動かして、目が届くところに置いて楽しむのもいいですね。

おウチで育てられる観葉植物は大きさもそれぞれで、大型から小型まで部屋のサイズに合わせて楽しめるのがいいところ。ミニサイズは100均でも入手可能です。

100円だったり、値段が安かったりすると育たないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、観葉植物はとても丈夫な性質。葉を落としてしまっても再び芽吹く強さもあります。

育ちやすい環境を探してやり、そこで生育すれば大きく育てることも可能です。大切なのは「観察」です。植物の状態をよく観察して、適切な水やりなどを行えば、初心者の方でも問題なく育てることができますよ!

手軽で初心者も育てやすい!ミニ観葉植物おすすめ8選

それでは初心者でも育てやすく、手軽に入手可能なミニ観葉植物を8つご紹介します。

シルクジャスミン

  • ミカン科 / ゲッキツ属
  • 常緑低木
  • 原産地:インド、マレーシア、中国南部、フィリピン、台湾、琉球諸島

丸い楕円の葉と細い茎が清々しい印象のシルクジャスミン。別名ゲッキツとも言い、ジャスミンと名前がついていますが、るモクセイ科のジャスミンとは異なります。

シルクジャスミンもジャスミンと同じように白い花を咲かせます。開花は6月~9月で強香です。花が終わったら赤い実をつけます。

基本的には、春~秋は日の当たるところで管理します。水やりは土が乾いたらたっぷりあげるようにしましょう。生長期に肥料をあげると、花が咲きやすくなります。

小さいサイズで購入すると、成長に合わせて植え替えをする必要がでてきます。根鉢よりひとまわり大きいサイズに植え替えてあげましょう。適期は5月~8月です。