70代以上「年金・貯蓄」平均いくら?老後は足りそうか

Ondrej Prosicky/shutterstock.com

copy URL

厚生労働省の「令和元年 簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は、男性81.41歳、女性87.45歳です。約20年前の平成2年では男性は75.92歳、女性は81.90歳ですので長寿化は確実に進んでいます。

人生のまさに円熟期といえる70代以降も、ぜひ充実した毎日を過ごしたいですよね。とはいえ、生きている間にお金が足りなくなったらどうしよう……、そんな不安を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

そこで本日は、本格的な老後がスタートする70代以降のみなさんの年金と貯蓄事情をご紹介。あわせて、老後のお金を守る工夫までお話ししていきます。

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

「70代以上」は、年金をどのくらいもらっているのか

さいしょに、厚生労働省年金局の「令和元年度(2019年度)厚生年金保険・国民年金事業年報」から、70代以上の年金受給額の平均を見ていきましょう。

厚生年金保険(第1号)の平均年金月額

  • 70~74歳:14万6421円(受給権者数:389万2271人)
  • 75~79歳:15万1963円(受給権者数:303万1605人)
  • 80~84歳:16万575円(受給権者数:207万3096人)
  • 85~89歳:16万3489円(受給権者数:120万7324人)
  • 90歳以上:16万1044円(受給権者数:64万2156人)

※厚生年金保険(第1号)の年金月額は、基礎年金月額を含みます。

70代以上の厚生年金の受給額は15万円前後ですね。

国民年金(基礎年金)の平均年金月額

  • 70~74歳:5万6697円(受給権者数:837万559人)
  • 75~79歳:5万5922円(受給権者数:676万8205人)
  • 80~84歳:5万6572円(受給権者数:506万6660人)
  • 85~89歳:5万5175円(受給権者数:344万74人)
  • 90歳以上:4万9232円(受給権者数:178万32人)

70代以上の国民年金の受給額は5万円前後となっており、厚生年金と比べると9~10万円ほど金額が少ないという結果です。

夫婦ともに厚生年金を受け取る場合、二人の年金を合わせて生活できるかもしれませんが、夫婦ともに国民年金、独り身で国民年金などの場合は、年金だけを老後の収入源とすることは、かなり厳しい印象です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。