「70代以上」は、みんなどのくらい貯蓄しているのか

次に、70代以上世帯のお金事情を見ていきたいと思います。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(令和2年(2020年))」から、70代以上・二人以上世帯の貯蓄額を確認します。

70歳以上・二人以上世帯の金融資産保有額

(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 平均  1786万円
  • 中央値 1000万円

平均値は一部の大きな金額に引きずられがち。順番に数値を並べて真ん中にきた数値である、中央値の方が実態に近いといわれていますので、平均値より中央値の方を参考にするのがお勧めです。

さらに詳しく同調査から70代以上・二人以上世帯の貯蓄額(金融資産を保有していない世帯を含む)の分布を確認します。

70代・二人以上世帯「金融資産保有額の分布」

(金融資産を保有していない世帯を含む)

70代世帯の貯蓄事情

拡大する

老後の貯蓄格差にも注目です

金融資産非保有:18.6%・100万円未満:4.3%・100~200万円未満:4.1%
200~300万円未満:2.6%・300~400万円未満:3.0%・400~500万円未満:2.6%
500~700万円未満:6.5%・700~1000万円未満:6.3%・1000~1500万円未満:11.9%
1500~2000万円未満:8.0%・2000~3000万円未満:10.4%・3000万円以上:19.0%

無回答:2.6%

70代の貯蓄分布を見ると、2000万円以上保有している世帯は約3割。一方で約5割の世帯では貯蓄1000万円を切っており、約2割の世帯が貯蓄ゼロです。同じ70代の世帯でも、これだけの差があるのですね。

老後の貯蓄がどのくらいになるかは、老後までの地道な努力にて決まるということは、あながち間違いではなさそうです。

貯蓄ゼロで70代を過ごすのは非常に不安で心細いものです。そうならないためにも、老後の資金準備に必要なことを一緒に確認していきましょう。