女性の平均寿命は87歳。「70代の年金・貯蓄」はいくら?

copy URL

70代、貯蓄額はいくら?

次は70代の貯蓄額を、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」を参考にみていきます。

70歳以上世帯・金融資産保有額分布
金融資産非保有:18.6%・100万円未満:4.3%・100~200万円未満:4.1%
200~300万円未満:2.6%・300~400万円未満:3.0%・400~500万円未満:2.6%
500~700万円未満:6.5%・700~1000万円未満:6.3%・1000~1500万円未満:11.9%
1500~2000万円未満:8.0%・2000~3000万円未満:10.4%・3000万円以上:19.0%
無回答:2.6%

金融資産100万円未満が約2割。一方で1000万円台も約2割、2000万円以上は約3割です。

同じ70代でも、保有する貯蓄には差があることが分かりました。

保有している金融商品も見てみましょう。

70歳以上世帯・種類別金融商品保有額

金融資産保有額:1786万円
〈内訳〉

  • 預貯金:921万円
  • 金銭信託:4万円
  • 生命保険:333万円
  • 損害保険:49万円
  • 個人年金保険:65万円
  • 債券:35万円
  • 株式:226万円
  • 投資信託:129万円
  • 財形貯蓄:14万円
  • その他金融商品:9万円

平均値の1786万円のうち、預貯金は921万円。およそ半分以上は預貯金として保有しています。

その他では生命保険が333万円、株式が226万円、投資信託が129万円といずれも100万円以上保有しており、資産運用も活用していると分かります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。