年収400万円台「いわゆる平均世帯」のお財布事情

vvvita/shutterstock.com

copy URL

2021年9月29日、国税庁が「令和2年分 民間給与実態統計調査」を公表しました。

その結果によると、1年間を通じて勤務した民間企業の会社員の平均給与は433万円。前年に引き続き減少傾向にはあります。さらに、厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査」では、1世帯当たり平均所得金額は552万円、中央値は437万円。

これらのデータから、「年収400万円台」はごく平均的な世帯年収といえそうです。今回は、この「年収400万円台世帯」のお財布事情にフォーカスします。

続きを読む

「世帯年収400万円台」貯蓄はどのくらい?

まずは、総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、年収400万円台の勤労世帯について、貯蓄事情を整理していきます。

※四捨五入の関係で、各項目の合計と「平均貯蓄額」は一致しない場合があります。

年収400万~450万円(平均年収…423万円)

平均貯蓄額:911万円

〈貯蓄の内訳〉

金融機関…893万円

  • 通貨性預貯金:290万円
  • 定期性預貯金:286万円
  • 生命保険など:228万円
  • 有価証券:88万円

金融機関外…18万円

年収450万~500万円(平均年収…474万円)

平均貯蓄額:813万円

〈貯蓄の内訳〉

金融機関…805万円

  • 通貨性預貯金:264万円
  • 定期性預貯金:252万円
  • 生命保険など:212万円
  • 有価証券:77万円

金融機関外…8万円

「年収400万円台」世帯の貯蓄額をみると、1000万円の大台にもう少しで到達しそうです。ただし、住宅ローンや子育て費用の捻出で、常に家計が火の車……といった世帯もあるでしょう。

いずれの年収ゾーンも、貯蓄の約6割以上が「預貯金」です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。