【そっくり】ブルーナボンボンの隣にいたのは、本物のウサギ…!見分けつく?あまりの可愛らしさにツイッター大盛りあがり

copy URL

1、2、3…左から数えていると、あれ?全部「ブルーナボンボン」かと思いきや…違ったようです。

【可愛すぎる】3歳の子供が“シルバニアファミリー”を言い間違えたら大変なことに?ツイッターで反響

飼っているうさぎさんたちをSNSで紹介している、うさぎに首ったけさん(@kubittaK)。ツイッターで公開したある写真が、多くの読者の皆さんの注目を集め話題になっています。

3匹のブルーナボンボン?

写真に写っているのは、ミッフィーでもおなじみの絵本作家、ディック・ブルーナさんが絵本の中で描いた野生のうさぎ、「ブルーナボンボン」の遊具です。そしてその隣には、もう少し小さなブルーナボンボン。そしてその隣には、さらに小さなブルーナ…?いや、本物のウサギさんでした。

真っ白な体毛と、黒目がちな瞳と、口元。まさに絵本から飛び出してきた本物のブルーナボンボンのようです。可愛らしすぎますね…。

こちらのうさぎさん、うさぎに首ったけさんが飼っている、すじこさん。人懐っこさと飼育のしやすさで人気のネザーランドドワーフという種類の、4歳の女の子だそうです。

うさぎに首ったけさんにお話を聞いてみたところ、「ブルーナボンボンにはわりと登ったり、寄り添ったり、下に潜ったりして遊んでくれています」とのこと。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。