30~50代「おひとりさま」の貯蓄はいくら?介護や老後資金はどれくらい? 

Yuliasis/shutterstock.com

copy URL

独身の方や離婚・死別された「おひとりさま」となる30~50代の方で、心配の種の一つが老後の生活でしょう。

2019年には、年金の他に老後に2000万円が必要と話題になりました。この試算は夫婦ふたりですが、住居費が約1.3万円だったり、介護費用が含まれていなかったりと見落とされている部分があります。

「ひとりで生きていく」と決めたとき、特に気になるのが貯蓄や住まいのこと、介護、老後費用など。今の30~50代のおひとりさまはどれくらい貯金しているのでしょうか。おひとりさまの貯蓄事情を眺めながら、老後について考えてみましょう。

続きを読む

30代、おひとりさまの貯蓄平均は?

まずは金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」を参考に、30代のおひとりさまの貯蓄事情を見ていきましょう。

30歳代・単身世帯の貯蓄(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 金融資産非保有:31.1%
  • 200万円未満:29.3%
  • 200~400万円未満:10.0%
  • 400~700万円未満:11.0%
  • 700~1000万円未満:5.7%
  • 1000~1500万円未満:4.3%
  • 1500~2000万円未満:1.6%
  • 2000~3000万円未満:2.1%
  • 3000万円以上:1.1%
  • 無回答:3.9%

平均値:327万円  中央値:70万円
※平均値は一部の大きな金額に引きずられるため、中央値を参考にしましょう。

30代のおひとりさまは、金融資産非保有の方を含めて貯蓄200万円未満は約6割を占めます。年代が若いこともあり、貯蓄は少なめですね。30代の場合、これから結婚予定の方も一定数含まれると考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。