「国民年金と厚生年金」毎月の平均額は?一般的な夫婦は約21万円

alenka2194/shutterstock.com

copy URL

2021年9月10日に田村憲久厚生労働大臣が年金制度の改革に着手すると発表し、厚生年金から基礎年金(国民年金)へ資金を移すことについて検討していることを言及しました。脆弱な財政基盤の基礎年金の水準低下を抑えるためですが、これを受けてさまざまな声が上がっています。

今の働く世代の方は、そもそも国民年金と厚生年金について現在いくら受給している方が多いのか、その水準や平均額を知らない方も多いでしょう。

一般的な年金の受給開始年齢は、65歳から。今は人生100年といわれますが、そう考えると老後は35年間。実に人生のおよそ3分の1が老後となり、その期間年金を受給することになります。それゆえ、年金について気になる方も多いでしょう。

続きを読む

老後資金を考える第一歩として、まず把握しておきたい国民年金と厚生年金の金額。現代のシニアは毎月いくら受給しているのか、その分布や平均詳しく見ていきましょう。あわせて、夫婦で受給する金額についても確認していきます。

まずはおさらい!国民年金と厚生年金

まずは日本の年金についておさらいしましょう。日本の年金は2階建てと言われています。

1階部分である国民年金は、自営業やフリーランス、扶養内パート、専業主婦の方。2階である厚生年金まで加入しているのは、会社員や公務員、一定規模以上の企業で一定条件を満たしたパートの方などです。

それでは毎月の受給分布や平均額をみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。