男女別!厚生年金「おひとりさま」毎月の平均受給額はいくら?

Veera/shutterstock.com

copy URL

ライフスタイルが多種多様となっている一方で、「人生100年時代」の幕開けとなっている今、老後に対する不安も多種多様となっています。

中でも、独身の方やシングル世帯のおひとりさまだと、自分ひとりで老後生活していけるだろうかと不安になることもあるでしょう。

世の中に出回っている老後のお金の情報は、夫婦で計算されているものが多く、独身の人にとっては、情報が少なくて困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はFPの資格を保有するファイナンシャル・アドバイザーの私から、男女別に分けて、おひとりさまの場合は毎月いくら公的年金を受給できるのか、現状を確認しながらご紹介します。

続きを読む

【男女別】厚生年金のひと月の受給額はいくら?

会社員や公務員、またパートでも会社の規模によっては一定条件を満たせば加入できるのが「厚生年金」です。

厚生労働省年金局の「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から、厚生年金のひと月ごとの受給額の分布図を男女別にみていきましょう。

厚生年金保険(第1号)【男性】年金月額階級別老齢年金受給権者数
~5万円未満:15万977人・5万円~10万円未満:97万6724人
10万円~15万円未満:261万3866人・15万円~20万円未満:436万9884人
20万円~25万円未満:224万9128人・25万円~30万円未満:28万8776人
30万円以上:1万7626人
厚生年金保険(第1号)【女性】年金月額階級別老齢年金受給権者数
~5万円未満:31万5100人・5万円~10万円未満:234万1321人
10万円~15万円未満:218万2510人・15万円~20万円未満:41万2963人
20万円~25万円未満:6万3539人・25万円~30万円未満:4166人
30万円以上:379人

平均額は以下の通り。

【厚生年金】平均年金月額

  • 男性:16万4770円
  • 女性:10万3159円

平均額:14万4268円

男性平均が約16万円台、女性平均が約10万円台です。

厚生年金は加入月数や収入に応じて受給できる金額が異なります。女性の場合、男性に比べると基本的に賃金が少ない傾向にあります。また、育児や介護などで離職したり、扶養内のパートで働いたりする傾向にあるため少ないと考えられるでしょう。

退職することなく仕事を続けてこられた女性は、平均額より多く貰える場合もあります。分布を見て分かるように、中には20万円以上受給されている女性もいます。

一方で、離婚した女性で離職したり扶養内パートで働かれていたりした方は、平均額よりも少なくなったり、国民年金のみだったりする可能性も。

いずれにせよ、厚生年金だけでも毎月の生活費としては心許ないでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。