老後生活のための資産形成

世帯年収に関連して、もう1つ気になるのが「老後資金」についてかもしれません。

住宅ローンや教育ローンの返済が終わる頃に、老後生活について具体的に考え始める人は多いものです。2019年には「老後2000万円問題」も大きな話題になったように、老後のためのまとまった資金の必要性を感じている人もいることでしょう。

そんな不安を解消するために、みなさまにご検討いただきたいのが、早めに「資産運用」を生活の中に取り入れることです。

老後の資産形成を見据えた運用のコツは、「長期・積立・分散」と言われますが、老後を目前にしてしまうと、選択肢が限られてしまうリスクがあります。

加えて、近年では「つみたてNISA」や「イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)」も登場し、税制優遇制度も充実してきました。老後の資金形成のために、今からコツコツと始められる方法がないかどうかを、考えてみるのもよいのではないでしょうか。

おわりにかえて

資産運用と言うと、なかには「ハードルが高い」と感じる方もいるかもしれません。

しかし最近では、無料のマネーセミナーや相談会などが開催されており、今まで資産運用に関心が無かった方でも、気軽に情報収集できる機会が増えました。また、忙しい働く世代の方には、オンラインでの相談会等もお勧めです。

参考資料