世帯年収400万円vs600万円「本当の貯蓄額」どっちが多い?

ESB Professional/shutterstock.com

copy URL

共働き夫婦が増えている昨今、「世帯収入」という言葉を耳にする機会は増えてきています。

ひと昔前は、「夫が稼いで、妻は専業主婦」という家庭が多く、「男性の年収=世帯収入」というイメージが強かったかもしれません。しかし現在は、「夫婦2人で世帯収入1000万円」というように、世帯収入をベースに目標を掲げている夫婦も少なくないように思います。

そこで今回は、世帯収入に着目して「年収400万円世帯」と「年収600万円世帯」の貯蓄事情を、証券会社でファイナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産運用に携わってきた私から、ご紹介していきたいと思います。

続きを読む

給与所得者の年収はどれくらいか

国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均年収は436万円です。まずは同調査より、給与所得者の年収別の分布を見てみましょう。

給与階級別分布

  • 100万円以下 456万8000人…(8.7%)
  • 100万円超 200万円以下…743万2000人(14.2%)
  • 200万円超 300万円以下…783万8000人(14.9%)
  • 300万円超 400万円以下…890万7000人(17.0%)
  • 400万円超 500万円以下…765万2000人(14.6%)
  • 500万円超 600万円以下…532万8000人(10.1%)
  • 600万円超 700万円以下…339万7000人(6.5%)
  • 700万円超 800万円以下…231万5000人(4.4%)
  • 800万円超 900万円以下…154万2000人(2.9%)
  • 900万円超 1000万円以下…101万2000人(1.9%)
  • 1000万円超 1500万円以下…185万人(3.5%)
  • 1500万円超 2000万円以下…43万6000人(0.8%)
  • 2000万円超 2500万円以下…12万4000人(0.2%)
  • 2500万円超…15万1000人(0.3%)

「年収300万円超 400万円以下」の割合が17.0%と最も多く、次いで「200万円超 300万円以下」が14.9%という結果です。平均年収は436万円であるものの、「年収400万円以下」の合計は54.8%となっており、全体の半分以上を占めていることがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
岡崎 泰輔

大阪学院大学経済学部卒業後、東洋証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、主に個人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約9年間従事する。特に米国株、中国株の提案を得意とし、豊富な金融知識を活かした顧客ニーズに沿う提案が強み。表彰歴多数。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。