みんなの年金受給額はいくら?【国民年金・厚生年金】

klerik78/shutterstock.com

copy URL

将来どのくらいの年金を受取ることができるのか、皆さんは把握できていますか。

定年退職後の生活は、「退職金と公的年金があるからなんとかなるだろう」と漠然と考えている方は意外と多いかもしれません。しかし、それで大丈夫なのでしょうか。

長年にわたり生命保険会社に勤め、多くの人の老後のお金の相談を受けてきた経験もふまえ、今回は定年退職後の収入となる公的年金(国民年金・厚生年金)の受給額についてお話ししていきます。

続きを読む

国民年金「みんなの年金受給額」ひと月いくら?

自営業・フリーランスなどの「第1号被保険者」や、専業主婦(主夫)などの「第3号被保険者」は、老後に国民年金(老齢基礎年金)を受け取ります。まずは、その年金月額をみていきましょう。

厚生労働省年金局が公表する「令和元年度(2019年)厚生年金・国民年金事業の概況」によると、男女別の受給権者数は以下のようになります。

国民年金・平均年金月額

全体…5万5946円

  • 男性…5万8866円、女性…5万3699円

国民年金【男性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~1万円未満…1万2693人
  • 1万円以上~2万円未満…6万803人
  • 2万円以上~3万円未満…22万1983人
  • 3万円以上~4万円未満…70万6206人
  • 4万円以上~5万円未満…134万5582人
  • 5万円以上~6万円未満…312万4529人
  • 6万円以上~7万円未満…849万4551人
  • 7万円以上…38万1323人

国民年金【女性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~1万円未満…6万6247人
  • 1万円以上~2万円未満…24万4695人
  • 2万円以上~3万円未満…74万63人
  • 3万円以上~4万円未満…226万4161人
  • 4万円以上~5万円未満…336万406人
  • 5万円以上~6万円未満…454万1337人
  • 6万円以上~7万円未満…598万7227人
  • 7万円以上…144万306人

国民年金の受給額には、男女差は大きくありませんね。

これは、国民年金が、日本国内に住むすべて20歳から60歳の人を加入対象としており、保険料については定額制(保険料額=基本額1万7000円×保険料改定率)をとっていること、また20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付すれば「満額」(78万900円×改定率)が受け取れ、納付期間が足りない場合はその割合を満額から差引く計算方式をとっているためと考えられます。

※令和3年度の国民年金保険料は月額1万6610円、国民年金(老齢基礎年金)の満額は6万5075円です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
吉田 奈都子

大阪体育大学卒。中学~大学とサッカー部に所属。社会人女子ラグビー経験もあり、日本代表候補選出歴のあるスポーツウーマン。引退後は日本生命保険相互会社にて、保険商品の提案業務など金融営業経験を積み、採用・育成担当としても一度に約100名の指導経験をもつ。前職のゴンチャジャパンでは新規店舗の立ち上げに携わるなど、フットワークの軽さが持ち味。現在は個人向け資産運用会社にて、マネーに関するコンサルティング業務を行っている。AFP(Affiliated Financial Planner)