【マリトッツォ】遅れてきた大物新人!ローソンの『澄(すみ)ふわマリトッツォ』を実食レビュー - セブン、ファミマ版とも比較

copy URL

今一番話題のスイーツで、まだまだ流行が続きそうな「マリトッツォ」。みなさんはもう食べましたか?スイーツ専門店のみならず、各コンビニ、スーパーも自社ブランドでのマリトッツォを多く展開していますから、どれを食べたらいいか迷ってしまいますね。

そんな皆さんの悩みに答えるべく、各小売店が展開する「PB(プライベートブランド)商品」を比較していく誰得企画。

拡大する

ローソンの『澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)』

今回は、セブンイレブン『ストロベリー&ラズベリーソース仕立て マリトッツォ』とファミリーマート『クリームシフォン マリトッツォ風』を食べ比べた筆者が、8月17日に発売となったローソンの『澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)』を実食していきます。

セブン、ファミマはいずれも6月中にマリトッツォ(※ファミリーマートはあくまでマリトッツォ風のシフォンケーキ)を投入し話題を先行していましたが、ローソンのマリトッツォは8月17日発売。おおよそ2カ月遅れての登場となります。「主役は遅れてやってくる」…なんて言葉もありますからね。はてさて、ではお味やコスパなどを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。