手作りアイスクリームがニュージーランドから日本上陸。添加物なしの「ピュア」な味わい!

© Pure New Zealand Ice Cream

copy URL

ニュージーランドは、太平洋のはじっこにある人口500万人ほどの小さな国です。正直なところ、オールブラックス以外、この国が世界に名を馳せるというような機会は決して多いとはいえません。

しかし、意外な分野で「世界有数」と言えることがあります。それは人口1人当たりのアイスクリーム消費量が年に23リットルだということ。ニュージーランド・アイスクリーム・マニュファクチャラーズ・アソシエーション(以下、NZICMA)によると、ニュージランドは世界で最もアイスクリーム消費量が多い国の一つなのです。

続きを読む

23リットルを日本でよく食べられているカップ入りアイスクリーム(容量200ml)に換算すると、何と115個分。「年間とはいえ1人でそんなに?」という声が聞こえてきそうですが、これはニュージーランドのアイスクリームがそれだけおいしいということなのではないでしょうか。

主原料のミルクが味の決め手

1人当たり年に23リットルも口にしてしまうほどの味を誇るアイスクリーム。前出の、国内アイスクリーム製造業者を代表する組織・NZICMAによると、そのおいしさの重要な鍵を握るのが原材料のミルクです。

乳牛は1年を通して、広大な牧草地で放牧され、草を食べてのんびり暮らしています。ストレスの少ない環境のおかげでしょうか。ミルクは濃く、深い味わいがあります。これに酪農大国ならではの優れた技術力と、高い品質・衛生基準が加わると、誰をも虜にしてしまう味ができあがるようです。

このNZICMA主催で、国内のアイスクリーム・ナンバーワンを決める「アイスクリーム・アワーズ」が毎年開かれています。1997年から続き、アイスクリームだけでなく、ジェラートやソルベ、フローズンヨーグルト、乳製品を使用しないアイスクリームなどが対象です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

1998年よりニュージーランド在住。東京での編集者としての経験を生かし、仲間と各種メディアを扱う会社を創設、編集長を務める。2002年に独立し、本格的に執筆活動を開始する。ニュージーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイトを手始めに、国内および他の英語圏の国々における環境、ビジネス、子育て/教育、文化、テクノロジーなどの分野について、多岐にわたる媒体に寄稿。海外在住日本人ジャーナリスト集団「Global Press」所属。共著書:『コロナ対策 各国リーダーたちの通信簿』(光文社新書)