65歳を迎える前に「年金請求書が届いたら」

copy URL

65歳を迎える前に「年金請求書が届いたら」

ここからは、実際にどのようにして年金を受け取るかの流れを確認していきます。

年金は支給開始年齢になれば自動的に口座に振り込まれる、というわけではありません。

年金をはじめて受給する場合、支給開始年齢になる3カ月前に「年金請求書」が日本年金機構から郵送されてきます。

その年金請求書に必要事項を記入し、必要書類(住民票など)とともに、年金事務所へ郵送するか、年金事務所や「街角の年金相談センター」の窓口への提出が必要です。

年金請求書が提出できるようになるのは、「年金の支給開始年齢に到達した日(誕生日の前日)」以降となっています。

また、前項の「特別支給の老齢厚生年金」を受給している場合は、65歳になったときに再度、年金請求書を提出する必要があるので注意が必要です。

「特別支給の老齢厚生年金(64歳まで)」と「本来支給の老齢年金(65歳以降)」は年金の種類が違います。

「特別支給の老齢厚生年金」をもらっている場合、年金請求書は「65歳になる誕生月の初旬(1日生まれの場合は前月の初旬)」に届きますので、忘れずに必ず提出しましょう。

年金請求書を提出すると、約1~2カ月で「年金決定通知書」や「年金証書」が届き、さらに1~2カ月後に年金の振込通知書が届いて、年金の支給が始まるという流れです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。