年収600万円台「いわゆる中流家庭」貯蓄・負債の平均いくら?

Denphumi/shutterstock.com

copy URL

「年収」は、生活のゆとりをはかる尺度の一つといってよいでしょう。

国税庁の「令和元年(2019年)分 民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均給与は436万円。また、厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査」では、1世帯当たり平均所得金額は552万円、中央値は437万円とされています。

同調査では、業界ごとの平均給与のデータについての記載もあり、年収600万円台の業界として「金融業・保険業」(平均給与627万円)が挙げられています。

続きを読む

これは、「電気・ガス・熱供給・水道業」(平均年収824万円)に次ぐ、全業界中2番目の高さです。やはり「年収600万円」は、ゆとりがある層であると考えてよいのかもしれません。

今日は、いわゆる「中流」のイメージを持たれる方も多い「年収600万円台」世帯のお金事情、とりわけ貯蓄と負債についてみていきます。

年収600万円台・勤労世帯の「貯蓄事情」

まず、総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、「年収600万円台」の勤労世帯について、貯蓄額とその内訳をみていきます。

※四捨五入の関係で、各項目の合計が、それぞれの平均貯蓄額と一致しない場合があります。

年収600万~650万円世帯(平均年収…622万円)

平均貯蓄額:1209万円

〈貯蓄の内訳〉

金融機関…1177万円

  • 通貨性預貯金:412万円
  • 定期性預貯金:376万円
  • 生命保険など:263万円
  • 有価証券:126万円

金融機関外…32万円

年収650~700万円世帯(平均年収…672万円)

平均貯蓄額:1229万円

〈貯蓄の内訳〉

金融機関…1191万円

  • 通貨性預貯金:405万円
  • 定期性預貯金:316万円
  • 生命保険など:330万円
  • 有価証券:140万円

金融機関外…37万円

年収600万円台・勤労世帯の貯蓄額は1000万円のラインは越えていました。

さて、貯蓄と負債は対にして把握していく必要がありますね。次では、「年収600万円台・勤労世帯」の負債額についても見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。