LINE株、2016年”鳴り物入り”の新規上場後どうなった?

トランプラリーでは蚊帳の外、株価も上場後の安値圏

qoppi / Shutterstock.com

copy URL

高い期待で登場したLINE株の今

2016年の新規上場株の中でも特に話題をさらったのがLINE(3938)でした。そこで、LINEの株価の推移が最近どうなっているのかを見てみましょう。

LINE株の上場後の株価推移

拡大する

いかがでしょうか。上場後3か月ほどは上昇の気配を見せていましたが、最近は上値が重い展開が続いています。トランプラリーで株式市場は活況を呈していますが、どうも蚊帳の外に置かれているようです。

2016年12月16日の終値は3,995円と、4,000円を下回りました。チャートを見るとじり安基調が続いており、4,000円というこれまでの下値めどを切り下げていることが気がかりに思えます。

続きを読む

業績は良いが

2016年10月26日に発表された2016年12月期Q3累計(1-9月期)決算によれば、売上収益は対前年同期比+17%増、親会社の所有者に帰属する四半期純利益は53億円の黒字と対前年同期の▲76億円から好転しています。

同社は業績予想を開示していませんが、一定の収益をしっかり出せる体質であることは示されています。しかし、投資家の高い期待をさらに高めるには至っていないということでしょうか。

公募価格3,300円を大幅に上回っていることは支えになる

仮に足元の業績が市場の期待に十分応えられていないとしても、株価が公募価格3,300円を大幅に上回っている間は、公募価格で投資してそのまま保有している株主の見切り売りの心配は少なくて済みそうです。

しかし、上場後に株主になった投資家も少なからずいると思います。そうした方々の多くにとって、現在の株価水準は含み損になっているのではないでしょうか。

LINEは、広告やスマートポータル事業でまだまだ事業機会を深掘りできるポジションにあるはずです。通期決算に期待したいと思います。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。