年収400万円世帯の住宅ローン「いくら借りられる?無理なく返せる額は?」

takasu/Shutterstock.com

copy URL

新規で住宅購入を検討されている方からのご相談で一番多いのが、「いくらくらいの物件なら購入しても大丈夫?」というものです。

そろそろマイホームを購入したいけれど、「いくらくらいローンが組めるのだろう?いくらなら無理なく返済できるのだろう?」と心配している方は多いのではないでしょうか。

国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査報告書」によると、分譲マンション、分譲戸建住宅の購入者の年齢については、「30歳代」がそれぞれ51.7%、51.3%と最も多い割合となっています。

続きを読む

また、国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」では、30歳~34歳の平均給与は410万円、35歳~39歳の平均給与が445万円と、30代の平均年収は400万円台となっています。

今回は、年収400万円世帯にスポットをあてて「住宅ローンはいくら組めるのか」「安心して返済できる金額はいくらか」についてみていきます。

年収400万円、住宅ローンはいくら組めるのか

住宅を購入する際、多くの方が住宅ローンを組むかと思いますが、年収400万円の方はいくらくらい住宅ローンが組めるのでしょうか。

金融機関で住宅ローンを組む際は、まず借入審査が実施されます。

主な審査項目は、「健康状態」「年齢や勤続年数」「物件の担保評価」「返済負担率」「個人信用情報」などです。

この中の「返済負担率」とは、年収に占める年間返済額の割合のことで、この割合が高くなると、住宅ローンの返済が滞る可能性が高いと判断されてしまい、住宅ローンが組めないこともあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡邊 裕介
  • 渡邊 裕介
  • ファイナンシャルプランナー/株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 執行役員

慶應義塾大学環境情報学部卒。大学卒業後、飲食の店舗マネージメントに携わる。社会人生活や、店舗経営にはおカネの知識が必須であり、自身のおカネの知識のなさを痛感したことをきっかけにファイナンシャルプランナーに転身。国内大手生命保険会社のFP部門にて、個人の貯蓄計画や住宅購入・ローン借り換え相談、教育費準備などを中心に、企業の従業員向けのFPセミナーなども行う。2010年より、チームマネージメントや採用、新人教育などに携わり、育成にかかわったFPは200名を超える。2018年独立し、ファイナンシャルプランナーとして、個人や中小企業のマネーコンサルティングを行う。敬遠しがちなお金の話を、お客さま目線で分かりやすく伝えることをモットーに、ひとりでも多くの方の人生をモチベートできるように日々活動中。