年収400万円世帯の住宅ローン「いくら借りられる?無理なく返せる額は?」

copy URL

では、年収に対しての借入限度額の目安はどのようになるのでしょうか。試算するポイントは「返済負担率」「審査金利」です。

一般的に、金融機関でローンの借り入れ可能な返済負担率ですが、年収や金融機関によって異なるものの、25%~35%以下に設定している金融機関が多いようです。

また「審査金利」とは、変動金利や当初固定金利などを活用する場合、審査上適用する金利のことです。

2021年現在、変動金利の適用金利を見てみますと、各金融機関で優遇金利を適用しており、実際にローンを組んだ際の適用金利は0.4%~0.8%程度とかなり低い設定となっています。

ただ、「審査金利」は、金融機関によって若干異なりますが、3%~4%程度に設定されていることが多いようです。

仮に、年収400万円、返済負担率35%で審査をする場合を考えてみましょう。

〈年収400万円・返済負担率35%の場合〉

  • 400万円×35%÷12ヶ月=11万6666円

つまり、月々11万6000円程度までの返済金額までなら、借り入れ可能ということになります。

借り入れ限度額を審査金利3%で逆算すると、年収400万円の人が借り入れできる限度額は約3000万円程度となります。※元利均等返済の場合

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡邊 裕介
  • 渡邊 裕介
  • ファイナンシャルプランナー/株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 執行役員

慶應義塾大学環境情報学部卒。大学卒業後、飲食の店舗マネージメントに携わる。社会人生活や、店舗経営にはおカネの知識が必須であり、自身のおカネの知識のなさを痛感したことをきっかけにファイナンシャルプランナーに転身。国内大手生命保険会社のFP部門にて、個人の貯蓄計画や住宅購入・ローン借り換え相談、教育費準備などを中心に、企業の従業員向けのFPセミナーなども行う。2010年より、チームマネージメントや採用、新人教育などに携わり、育成にかかわったFPは200名を超える。2018年独立し、ファイナンシャルプランナーとして、個人や中小企業のマネーコンサルティングを行う。敬遠しがちなお金の話を、お客さま目線で分かりやすく伝えることをモットーに、ひとりでも多くの方の人生をモチベートできるように日々活動中。