厚生年金「ひと月10万円未満」の人はどのくらい?

copy URL

まとめにかえて

今回は、年金をいくらもらえるかにについて、直近のデータをもとにみてきました。

現役時代の収入などが、年金額に大きく影響します。将来いくらほど年金がもらえそうか、確認してみるといいでしょう。

年金だけで老後が不安なら、自力で資産を形成する必要があります。iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)やつみたてNISAなど、税制優遇される制度も注目されています。

超低金利の現在、銀行などに預貯金するだけでは大きなリターンは見込めません。老後を見据えたお金の準備は、できるだけ早くはじめることをお勧めします。資産運用は、運用期間が長ければ長いほどリスクが減少し、リターンが安定すると言われています。

とはいえ、投資初心者の方にとって、資産形成にはさまざまな不安や疑問があるでしょう。一人で抱え込まずに、ぜひお金のプロを頼ってみましょう。信頼できるアドバイザーとともに、理想の老後について考えてみることをおすすめします。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

齊藤 慧

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 齊藤 慧
  • 記者/編集者/元Webマーケター

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。