年収400万円台「いわゆるふつうの世帯」の貯蓄平均

copy URL

お金を「守り・育てる」ために

今回は、年収400万円世帯の貯蓄事情をながめてきました。住宅ローンや教育費などの「コアな支出」のやりくりをしながらも、着実に貯蓄をしている世帯がいることが推測できます。

先ほども触れたとおり、年収400万円台世帯の貯蓄は、その6割を預貯金が占めています。

しかし、低金利が続く今、預貯金だけで資産を持ち続けていても、残念ながらお金を増やすことにはつながりにくいでしょう。

そんな今こそ「お金に働いてもらう」、つまり資産運用に目を向けてみる好機であるともいえそうです。とはいえ、「投資に大きな金額をつぎ込むのは怖い…」といった理由で二の足を踏まれる方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、少額からのつみたて投資を後押しする、iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)、つみたてNISAなどの制度を検討されてみるのもおすすめです。

収入や資産のことって、親しい間柄でも話題に出しにくいものです。家計管理や資産形成で「悩んだとき・迷ったとき」には、お金のプロのアドバイスを活用されると心強いでしょう。

上手にお金を守り、育てるためのヒントを、信頼できるアドバイザーと一緒に見つけていきませんか?

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。