70代で貯蓄「ゼロ」世帯はどれくらい?

copy URL

70代以上「貯蓄ゼロ世帯」は約2割に

それでは、70代以上・二人以上世帯の金融資産保有金額ごとの割合の分布を見ていきます。

  • 金融資産非保有:18.6%
  • 100万円未満:4.3%
  • 100~200万円未満:4.1%
  • 200~300万円未満:2.6%
  • 300~400万円未満:3.0%
  • 400~500万円未満:2.6%
  • 500~700万円未満:6.5%
  • 700~1000万円未満:6.3%
  • 1000~1500万円未満:11.9%
  • 1500~2000万円未満:8.0%
  • 2000~3000万円未満:10.4%
  • 3000万円以上:19.0%
  • 無回答:2.6%

金融庁のレポートから話題になった「老後2000万円問題」もありましたが、約3割の世帯が2000万円以上の貯蓄があることがわかります。一方で、貯蓄200万円未満の世帯も3割程度という結果となりました。

さらに、「貯蓄ゼロ世帯」(金融資産非保有世帯)と「3000万円以上」も、それぞれ約2割。

貯蓄がある・ない世帯の二極化が浮き彫りとなり、「老後格差」を裏付けるデータと言えそうです。

また、同調査では、「金融資産が1年前よりも減少した」と回答した70代以上世帯の割合は、31.4%となりました。

減少した理由は、主に下記の通りです。

  • 「定例的な収入が減ったので金融資産を取り崩したから(40.2 %)」
  • 「耐久消費財(自動車、家具、家電等)購入費用の支出があったから(35.9 %)」

貯金を取り崩しながら老後を過ごす前提で、今のうちから貯蓄をする必要がありそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 齊藤 慧
  • 記者/編集者/元Webマーケター

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。