既婚女性がシゴトを辞めるとどうなるか?退職に潜む3つのリスク

~キャリア女性のマネー&ライフプラン~

copy URL

経済的に自立したおばあちゃんになろう!

厚生労働省が発表したの令和元年簡易生命表によると、日本人女性の平均寿命は87.45歳、男性の平均寿命は81.41歳となっています。女性は男性よりも6年も長生きです。

老後資金を考えるとき、生きている限りもらい続けられる公的年金の知識は必須になるでしょう。

今からあらかじめ調べておけば、老後の生活にも役立ちますよ。

会社員や公務員として働けば、厚生年金に加入します。

現役時代に納めた年金保険料と納めた年数で老後に受け取る老齢厚生年金額が決まる仕組みなので、長く働いて長く年金保険料を納めた人ほど、老後に受け取る年金が増えることになります。

平均寿命で見る限り、よっぽど年下の男性や長生きの男性がパートナーでない限り、結婚してもしなくても、女性は最後はひとりで生きていくことになります。

年齢を重ね、いよいよ老後生活に入ったとき、お金で困りたくなかったら、若いうちに自分で稼ぐ力を維持しておきましょう。

特に「自分名義の預貯金を持っておく」「お金の知識を身につけて少しずつ行動できるようにしておく」など、お金への向き合い方を決めておくことは大切ではないでしょうか。

スマートでかっこいいおばあちゃんになるために、経済的な自立を心がけましょう。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

ハートマネー代表 氏家 祥美

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
氏家 祥美
  • 氏家 祥美
  • ハートマネー代表/ ファイナンシャルプランナー/ セカンドキャリアアドバイザー

旅行会社の営業、出産子育て、FP会社で5年勤務を経て、2010年にFP事務所 ハートマネーを設立。共働き家族のライフプラン相談や、セカンドキャリア層に向けたマネーライフプランのアドバイスを得意とする。家庭科の教科書で経済パートを執筆するなど、金融リテラシーの普及に努める。zoomを使ったオンライン家計相談が、共働き家族や忙しい女性たちに好評。趣味は旅と対話と世界の料理。