会社員の退職金「何年勤めて、いくらもらえるか」

copy URL

退職金と「勤続年数」の深~い関係

さきほどの「標準退職金」のグラフをみると、「学歴」が退職金額を左右するファクターの一つであることが分かります。

しかし、学歴以上に退職金の金額に影響を与える要素があるのです。それが、「勤続年数」です。

ここで、退職金額と勤続年数の関係を示した、次のグラフをごらんください。

学歴・勤続年数別の退職金

拡大する

(出典)日本経済団体連合会「退職金・年金に関する実態調査結果」(2018年9月度)より編集部作成

グラフ中の退職金額を詳しく見ていきます。

勤続年数別退職金〈大学卒(総合職)〉

1年:24万9000円・3年:65万8000円・5年:126万7000円
10年:307万9000円・15年:488万円
20年:809万4000円・25年:1181万7000円
30年:1629万8000円・33年:1959万9000円
35年:2038万1000円・38年:2255万8000円

勤続年数別退職金〈高校卒(総合職)〉

1年:19万1000円・3年:44万5000円・5年:78万6000円
10年:191万7000円・15年:358万2000円
20年:578万7000円・25年:895万1000円
30年:1222万円・33年:1561万9000円
35年:1781万8000円・38年:1850万9000円
42年:2037万7000円

勤続年数別退職金〈高校卒(生産・現業)〉

1年:18万5000円・3年:50万円・5年:88万6000円
10年:212万円・15年:390万2000円
20年:623万8000円・25年:896万3000円
30年:1208万6000円・33年:1518万2000円
35年:1613万9000円・38年:1645万4000円
42年:1817万2000円

グラフからは、退職金額は「何年勤めたか」の影響を大きく受けることが分かります。

大学卒・総合職であれば、1000万円の退職金をもらうには「40代前半まで働くこと」が1つの目標になるかもしれません。また、2000万円に到達するためには、50代後半まで勤め続けることが目安となりそうです。

ただし、上記はあくまでも「標準者退職金」に基づく試算の結果です。さきほども触れたように、転職などで勤続年数が短い場合や、思うように昇進しなかったケースなどを含めると、すべての人に当てはまるとは限りません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。