【無印良品キッチン用品】愛用者が選ぶ「買ってよかった・失敗した」6選

外出自粛やテレワークの普及によっておうち時間が見直され、インテリアや雑貨といったアイテムに注目が集まる今。シンプルでどんな家庭にもなじむ「無印良品」の売上が好調です。無印良品を展開する株式会社良品計画の「月次概況」(2021年8月期)によると、直営全店・オンラインストアの売上高は前年比124.2%・客数は131.2%と、これまでより広い層から支持を集めていることがうかがえます。

今回はそんな無印良品マニアが選ぶ、「買ってよかった・失敗した」と感じるキッチン用品6選をご紹介します。

サステナブルな視点を大切にする無印良品

2006年に米国で生まれたグローバル・コミュニティである「サステナブル・ブランド」。経営の根幹に持続可能性=サステナビリティを掲げ、持続可能な社会を目標としたコミュニティを作る取り組みです。この「サステナブル・ブランド国際会議2021年横浜」(株式会社博展主催)の企業ブランド調査『Japan Sustainable Brands Index』ランキングで、無印良品は2位に選ばれました。

サステナビリティという言葉が浸透する前から、社会や暮らしの「役に立つ」取り組みを進めてきた無印良品。その商品はシンプルでありながら、配慮が行き届いた絶妙な使い心地が魅力です。その使いやすさや飽きのこなさが、数多くのリピーターを生む秘訣なのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。