つみたてNISAはやったほうがいい?運用のコツとは

lovelyday12/Shutterstock.com

一昨年の金融庁のレポートに端を発した「老後2000万円問題」。記憶に新しい方も多いと思います。

多くの方々にとって、2000万円は大金です。この金額をどのように準備すればよいのか、頭をかかえた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

ゆとりある老後を送りたいのは、みんなの願い。だとすれば、老後のお金問題はどのように解決したらよいのでしょうか。

そこでいま、注目されているのがつみたてNISAです。

大手のネット証券ではオンラインで口座開設ができたり、ポイントで積立投資ができる会社も登場しています。はたらく世代にとっても活用しやすく、メリットも多いことから口座開設数も増加しています。

続きを読む

資産形成をはじめてみたいけど、何からはじめればいいかわからない。そんなお悩みをお持ちの方へ、今回はつみたてNISAのメリットやデメリットを解説していきます。

つみたてNISAは金融庁厳選の投資信託が並ぶ

つみたてニーサ(NISA)とは、少額からの長期・積立・分散投資をするための非課税制度です。2018年1月からスタートしました。

つみたてNISAの主な特徴

  • 運用益が課税されずに受け取れる
  • 非課税投資枠は毎年40万円(新規の投資額)
  • 投資初心者でも安心して商品を選べる

つみたてNISAの最大のメリットは、運用で得た利益が、課税されることなくそのまま受け取れること。

一般的な投資信託の場合、運用益に対し20.315%が課税されますから、利益のおよそ5分の1が税金として徴収されることになります。

仮に100万円の利益が生じた場合、通常ですと約20万円を税金として納めることになりますが、つみたてNISAを通じて投資をすると、この税金を納める必要はありません。つみたてNISAがいかにおトクかわかりますね。

また、税金がかからない投資枠は1年間で40万円。この40万円に関しては20年の運用期間中、課税対象にはなりません。つまり、20年間はどれだけ利益が出たとしても、税金はかからないということです。

さらに、つみたてNISAを通じて購入できる金融商品は、販売手数料がゼロの投資信託、運用管理費用が低い商品、分配頻度が毎月ではないなど、一定の条件を満たした商品のみが厳選されています。

投資初心者の方でも、つみたてNISAを通じて投資を行えば、長期、積立、分散投資ができる商品を選ぶことができ、安定的に資産形成ができるよう配慮されているのがポイントです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。