国民年金・厚生年金「いまどきシニアの受給額」

Diana%20Golysheva%2Fshutterstock.com

年に1度届く「ねんきん定期便」、みなさんは目を通していますか?

「もちろん、毎年きちんと確認している」という方から、「そもそも年金をもらえるかどうか分からないから、あまり興味がない」という方までさまざまでしょう。

公的年金の支給額は毎年改定されます。

しかし、「いまの」シニア世代がどのくらいの年金を受け取っているかを知ることは、老後の暮らしとお金をイメージする上で何らかの参考になりそうです。

今回は、いまどきのシニア世代が受け取る、国民年金・厚生年金の年金額の平均をみながら、老後に向けたお金の準備についても考えていきましょう。

続きを読む

国民年金の受給額はいくら?

さいしょに国民年金の受給額を見ていきます。

「国民年金」とは

日本の公的年金制度は「2階建て」などと呼ばれますね。その1階部分にあたるのが、国民年金です。

国民年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人に加入義務があります。一定の条件を満たすと、原則65歳以降に「老齢基礎年金」を受け取ります。

自営業やフリーランス、専業主婦(夫)の方は、この「国民年金」のみの受給となります。

「国民年金」いまどきシニアの受給額

では、国民年金の受給額を確認します。

厚生労働省年金局の「令和元年度(2019年)厚生年金・国民年金事業の概況」によると、国民年金の受給額の平均は下記のとおりです。

平均年金月額:5万5946円(うち男性:5万8666円・女性:5万3699円)

国民年金の受給額は、男女でさほど差はありません。どちらも平均は5万円台となっています。

自営業やフリーランスといった働き方のメリットの一つは「定年がない」ことでしょう。

とはいえ、多くのサラリーマンのような退職金もありませんし、健康上の理由などで長く働き続けることができなくなる可能性もあります。

よって、月に5万円台の公的年金だけで生活していくことは、ほとんどのケースで難しいといえるでしょう。

まずは、国民年金基金や付加年金など、年金額を増やす工夫から始めていくとよいかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。