クレジットカード保有率は2015年以降で過去最高、みんなクレカは何枚持っているのか

Africa Studio/shutterstock.com

マネイロセミナー

近日、キャッシュレスという言葉をよくきくようになりました。

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマートフォン決済、バーコード決済など、様々なキャッシュレスが普及してきているという現状があります。

政府の取り組みはもちろんですが、新型コロナウイルスの流行により現金に直接触れることによる感染リスクへの観点から、キャッシュレスが注目されているという背景があります。

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、キャッシュレスを導入したという人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

今回は、JCBが2021年2月18日に発表した、「クレジットカードに関する総合調査」2020年度版をもとに、クレジットカードの保有率について紹介していきます。

クレジットカードの保有率、2020年は「86.6%」

JCBが2021年2月18日に発表した、「クレジットカードに関する総合調査」2020年度版によると、クレジットカードの保有率は86.6%で2015年以降では過去最高の数値となったことがわかりました。

  • 2016年:84.2%
  • 2017年:85.1%
  • 2018年:84.0%
  • 2019年:84.5%
  • 2020年:86.6%

新型コロナウイルスの流行で、キャッシュレスへの関心が高まったことが要因として考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家