「70代の平均いくら?」みんなの年金・貯蓄事情

Dmytro Balkhovitin/shutterstock.com

copy URL

「人生100年時代」の足音が近づくなか、雇用や年金などの面では、働くシニア世代を後押しする制度が整いつつあります。

「厚生労働白書(2020年度版)」によると、2040年の日本では65歳男性の約4割が90歳まで、65歳女性の2割が100歳まで生きるとの予測も…。

「70代は老後の入り口」…そんな認識が一般的になる日は、そう遠くはないかもしれません。

「元気で長生きできたら嬉しいけれど、わが家の老後資金は大丈夫?」

続きを読む

そんな漠然とした不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

今回は、70代の「年金と貯蓄」にフォーカスし、老後に必要となるお金についても考えていきます。

いまどき70代「みんなの年金」平均は?

さいしょに、70代のみなさんの「公的年金収入」の平均がどのくらいかを見ていきます。

厚生労働省の「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(2019年度)」から、70代の平均年金受給額を抜粋します。

厚生年金保険(第1号)の平均年金月額

(    )内は受給権者数

70~74歳:14万6421円(389万2271人)
75~79歳:15万1963円(303万1605人)

(※)厚生年金保険(第1号)の平均年金月額には基礎年金月額が含まれます。

国民年金の平均年金月額

(    )内は受給権者数

70~74歳:5万6697円(837万559人)
75~79歳:5万5922円(676万8205人)

70代の平均年金月額は、厚生年金であれば14万~15万円ほど、国民年金であれば5万円台です。

たとえば、会社員の夫と専業主婦の妻の70代前半世帯であれば、月額の年金額は約20万3000円になります。

ちなみに、総務省の「家計調査報告(家計収支編)―2020年(令和2年)平均―(二人以上の世帯)」によると、70~74歳の消費支出は24万6656円。

この世帯の収入が公的年金のみだった場合、家計は毎月約4万3000円の赤字になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。