70代の貯蓄と年金事情「毎月の取り崩し額」はどのくらいか

「老後の生活」にかかるお金

老後に必要となるお金は日常の生活費だけではありません。

年齢を重ねると、通院や介護が必要となったり、自宅をバリアフリー改修したり・・・といったシニア世代特有の出費が発生する可能性がありますね。「老後の必要経費」といったところでしょうか。

また、趣味や家族サービスなどに使うお金も、ある程度は蓄えておきたいところです。これらは心のゆとりや幸せを生む出費でもあります。

老後に必要となるお金は、トータルで2000万円、ないしはそれ以上ともいわれます。しかし、家族構成やライフスタイル、そして何より「何年生きるか」は人それぞれ。

よって、ひとくくりで「いくら必要」と言い切ることはできません。「ちょっと不安だな・・・」と感じた人も多いでしょう。

そこで、次ではいまどきの70代以上のみなさんが、どのようにお金を貯めて、管理しているのかを見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。