一人暮らしの食費の平均は1ヶ月いくらか、総務省のデータを元に詳細を解説

Stokkete/shutterstock.com

昨年以降、コロナ禍で私たちの生活様式が変ってきています。食料品の買い方も変化しています。

たとえば、以下のように買い物いく際に気をつけている人もいるのではないでしょうか。

  • 買い物の回数を減らすためにまとめ買いをしている
  • なるべく1店舗で買い物を済ませる
  • あらかじめ購入するものをリストアップして短時間で買い物できるようにする
  • お店が空いている時間に買い物にいくようにしている
  • 一人で買い物にいくようにしている

この春から一人暮らしをはじめて、新しい土地での生活がはじまった人もいると思います。

一人暮らしでは、「食費ってどのくらいまでかけていいのか」、「平均はどのくらいなのか」など気になっている人が多いはず。

今回は総務省の「家計調査 2020年10月〜12月」を元に一人暮らしの食費の平均は1ヶ月いくらかを紹介していきます。

続きを読む

一人暮らしの人はぜひ参考にしてください。

一人暮らしの食費の平均は1ヶ月「3万9300円」

総務省の「家計調査 2020年10月〜12月」によると人暮らしの食費の平均は1ヶ月「3万9300円」であることがわかりました。

続いて食費の内訳を記載していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家