70代のお金事情「いまの貯蓄と年金額」

BRO.vector/shutterstock.com

厚生労働省は、2020年2月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて解雇や雇止めにあった人が10万人を超えたことを公表しました。(※)

コロナ禍の現役世代が働く環境は、この先も見通しの立ちにくい状況が続くことが考えられます。

一方、年功序列・終身雇用制度が一般的で、景気がよい時期に現役世代を送られた人が多い日本のシルバーエイジ。

若い頃からの貯蓄や定年退職金、さらには年金収入などの面で、いまの現役世代よりも「ゆとりがありそう」というイメージを持たれることもあるかと思います。

続きを読む

今回は、『70代のお金事情「いまの貯蓄と年金額」』と題して、セカンドライフに向けた備えについて考えていきます。

※日本経済新聞「コロナ解雇10万人超える 厚労省集計 製造業が最多」2021年4月8日

70代「いまの貯蓄」はどのくらい?

では、いまの70代の貯蓄事情をながめていきましょう。

金融広報中央委員会が2021年2月に公表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年(2020)調査結果」を参考にします。

まず、20代~70代以上、すべての世代の二人以上世帯の金融資産保有額は平均1436万円(中央値650万円)です。

※金融資産保有額は20代~70代以上のすべての世代。金融資産非保有世帯を含む
※借入金残高は「借入金有無回答世帯」のみ

これを「70歳以上」に絞ってみると、金融資産保有額は1786万円(中央値1000万円)です。

次ではその内訳をみていきます。みなさんはどのように資産を管理・保有しているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。