厚生年金「月30万円超」高額受給者は何%存在するか

厚生年金「受給額の分布」

ここからは、「どのくらいの金額」を「どのくらいの割合の人」が受給しているかを確認していきます。

厚生年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(男性)

~5万円未満…15万977人
5万円以上~10万円未満…97万6724人
10万円以上~15万円未満…261万3866人
15万円以上~20万円未満…436万9884人
20万円以上~25万円未満…224万9128人
25万円以上~30万円未満…28万8776人
30万円以上…1万7626人

合計…1066万6981人

厚生年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(女性)

~5万円未満…31万5100人
5万円以上~10万円未満…234万1321人
10万円以上~15万円未満…218万2510人
15万円以上~20万円未満…41万2963人
20万円以上~25万円未満…6万3539人
25万円以上~30万円未満…4166人
30万円以上…379人

合計…531万9978人

厚生年金「月30万円以上」の高額受給者の割合は?

このようにしてみていくと、厚生年金を月額30万円以上受給している人の割合は、男性で全体の約0.17%、女性は全体の約0.007%と、ほんの一握りであることがお分かりいただけたかと思います。

冒頭で触れた、「老後のひと月あたりの最低生活費」を公的年金だけでカバーすることは、ほとんどの世帯にとって簡単なことではないと考えられそうですね。

働き盛りの若い世代の中には、「子育て費用や住居費の捻出で精一杯、老後のお金のことまで考える余裕がない・・・」という世帯も多いでしょう。

とはいえ、ゆとりあるセカンドライフを見据えたお金の準備は、できるだけ早めのスタートがおすすめです。

資産運用は、運用期間が長いほどリスクが軽減し、リターンが安定する傾向があります。複利の力を借りて雪だるま式にお金を育てていくことに繋がります。

長い将来を見据えた貯蓄は、若いうちからコツコツと取り組んでいかれることをおすすめします。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。