厚生年金「月30万円超」高額受給者は何%存在するか

さいごに

今回は『厚生年金「月30万円以上の高額受給者」の割合』と題して、現在年金を受給しているみなさんの受給額をながめていきました。

厚生年金をひと月30万円以上受給できる人はほんの一握りであることがお分かりいただけたかと思います。

2019年、金融庁のレポートに端を発した「老後2000万円問題」をきっかけに、長い老後を見据えたマネープランの見直しを始めた方もいらっしゃるでしょう。

「現役時代にがんばって働いたぶん、老後は悠々自適に暮らしたい」

そんな願いを叶えるためには、まず健康でありたいものです。そして、健康な生活を送るためにも、やはり「お金」は必要です。

超低金利政策が続く現在、お金を漠然と金融機関に預けていても、金利はほんのわずかです。そこで目を向けてみたいのが、「お金に働いてもらう」という意識。

それが「資産運用」です。

資産運用というと「お金を増やすって何だか怖い」「始めてみたいけれど、金融の知識がないから躊躇してしまう・・・」といった理由でハードルが高いと感じる人も多いようです。

そんな方は、資産運用のプロフェッショナルのアドバイスを受けながらスタートされることをおすすめします。ご自身のライフスタイルに寄り添う、オーダーメイドの「お金の増やし方」が見つかるきっかけになるかもしれません。

OneMile セミナー

参考資料

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査 令和2年調査結果
厚生労働省年金局「令和元年度厚生年金・国民年金事業の概況
谷口裕梨(LIMO)「厚生年金を月30万円以上もらえるのは何割か

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。