年金に格差あり?「厚生年金と国民年金」受取額はこれだけ違う

Nataba/iStock

「老後は年金を受け取れるから安心」このように思っている人は何人いるでしょうか。

多くの人はおそらく「現役時代より収入が減る」「貯金がないとやっていけない」などと思っているに違いありません。

私は以前、生命保険会社でマネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーをしており、さまざまな世代の方のお金の相談を受けてきました。

どの年代でも老後への不安があって年金に明るいイメージを持っている人は、ほぼいらっしゃらないというのが私の印象です。

続きを読む

そこで今回は、国民年金と厚生年金はいくら受け取れるか、さらに、老後資金はどのように作ればよいのかについてお伝えしていきたいと思います。

厚生年金の受給額はいくらか

厚生労働省年金局が令和2年12月に発表した「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から、会社員が厚生年金をどのくらい受け取っているか見てみましょう。

厚生年金の月額階級別受給権者数は以下のとおりです。

男子

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5万円~10万円未満:97万6724人
  • 10万円~15万円未満:261万3866人
  • 15万円~20万円未満:436万9884人
  • 20万円~25万円未満:224万9128人
  • 25万円~30万円未満:28万8776人
  • 30万円以上:1万7626人

女子

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5万円~10万円未満:234万1321人
  • 10万円~15万円未満:218万2510人
  • 15万円~20万円未満:41万2963人
  • 20万円~25万円未満:6万3539人
  • 25万円~30万円未満:4166人
  • 30万円以上:379人

厚生年金の平均年金月額は14万4268円、うち男性が16万4770円、女性が10万3159円となっています。

男性と女性では、毎月の年金受給額に約6万円の差があるという結果になっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。