広がる退職金の差「イマドキ会社員の退職金事情」

Nataba/iStock

「昔に比べると減ったよ」

この言葉、最近いろいろな場面で聞きませんか。年金だったり、金利だったり、退職金だったり。

実際に私も前職で、60歳で定年を迎える上司と退職金の話をしている際に聞きました。

その上司は「あなたたちの時はもっと減っているかもね」とも言い、ショックを受けたのを思い出します。

「退職金」と聞くと、どうしても「大きなまとまったお金」を想像しますし、「老後は退職金があるから大丈夫」と考えている方も少なからずいらっしゃると思います。

続きを読む

私は、大学卒業からこれまでファイナンシャル・アドバイザーとして多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当させていただきました。

そこで今回は、老後は退職金があるから本当に大丈夫か、イマドキの退職金事情を見ながら考えていきたいと思います。

大企業の会社員、退職金はいくらか

ひとえに退職金と言っても、大企業と中小企業では、退職金制度の有無や退職金支給額も異なります。

ここでは大企業の退職金を見ていきましょう。

中央労働委員会の「令和元年(2019年)退職金、年金及び定年制事情調査」より、大企業の退職金は以下のとおりです。

大学卒(事務・技術労働者、総合職相当、会社都合)

  • 勤続10年:312万8000円
  • 勤続15年:588万4000円
  • 勤続20年:965万9000円
  • 勤続25年:1426万9000円
  • 勤続30年:2012万9000円
  • 定年:2511万1000円

大学卒(事務・技術労働者、総合職相当、自己都合)

  • 勤続10年:186万1000円
  • 勤続15年:407万6000円
  • 勤続20年:801万8000円
  • 勤続25年:1287万円
  • 勤続30年:1898万3000円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。