いまどき50代世帯はどのくらい貯蓄があるのか

50代「老後が心配」「生活費っていくらかかる?」

さて、同調査によると50代・二人以上世帯の83.9%が、老後生活について「心配である」と回答しています。

その理由として上位に挙がったのが、十分な金融資産がないから(75.1 %)、年金や保険が十分ではないから(70.7 %)、現在の生活にゆとりがなく、老後に備えて準備(貯蓄など)していないから(40.8%)といったもの。(※複数回答形式)

いずれも老後に向けて「お金の不安」を抱える人が多いことが分かります。

50代が予想する「老後の最低生活費」はいくら?

さらに同調査では、各世代の老後のお金に関する心づもりについての設問もあります。

50代・二人以上世帯が予想する「老後ひと月当たりの最低生活費」は、30万円、そして「年金支給時に最低準備しておきたいと考える金融資産残高」は、2325万円となっています。

冒頭で触れた50代・二人以上世帯の貯蓄額の平均は平均1684 万円(中央値800万円)。年金支給時までの目標貯蓄額にはまだ手が届かない、いったところでしょうか。

年収のピークを迎える人が多いと同時に、教育費や住宅ローンの返済が一段落つき始める世帯も多い50代。これから貯蓄のピッチを上げていくつもり、と考えているご家庭も多いかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。