大卒の会社員「退職金で老後は安心」とは言えない理由

Nataba/iStock

会社員は多くの退職金を受け取れるから安心・・・とは言えないようです。

人によって受け取る退職金の額が違いますし、最近ではそもそも退職金がないという会社もあります。

私は以前、生命保険会社に勤務しており、マネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーとして1000人以上のお客様のお金の相談を受けてまいりました。

プランニングのなかで、お勤めの会社の退職金額をお伺いすることがありましたが、詳細を把握するのはどうやら難しいようですね。

続きを読む

そこで今回は、大卒の会社員の退職金にフォーカスしながら、老後資金の準備について考えてみたいと思います。

大卒の会社員の退職金はいくらか

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 結果の概況(一時金・年金)の支給実態」から退職者1人平均退職給付額(勤続20年以上かつ45歳以上の退職者)を見ていきます。

大学・大学院卒(管理・事務・技術職)

  • 定年:1983万円
  • 会社都合:2156万円
  • 自己都合:1519万円
  • 早期優遇:2326万円

退職事由別にみると自己都合は1519万とその他の事由に比べると低くなっています。

それに比べ、早期優遇や会社都合はいずれも2000万円超えとなっており、定年も1983万円と2000万円近い金額となっています。

ここまでみる限り、大卒であれば比較的多くの退職金を受け取れるといってもよいのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。