シングルマザーに在宅ワークが向く理由。コロナで変わった仕事選び

野村総合研究所がこの3月1日に発表した「就業や生活の実態および今後の意向」に関する調査結果によると、パート・アルバイトの「実質的失業者」(シフトが半分以下、休業手当も受け取らない人)が約146万人いることが分かりました。そのうち女性は103万人と、男性の2倍以上であることが分かります。

パートで働く女性の中には、育児中の女性、またシングルマザーの女性も多いでしょう。実際、厚労省の調査によると、半数弱のシングルマザーがパートで働いています。

続きを読む

子育てと両立するためには、環境的に選ばざるを得ない人も多いパートタイムの仕事ですが、その内容はこれまでとは変わってきているようです。新型コロナによる環境変化の中で考える、仕事選びで重視することの変化を見てみましょう。

コロナ前の仕事選びはシフト制や休みの取りやすさを重視

「平成28年度 全国ひとり親世帯等調査結果報告」(厚生労働省)によると、母子世帯の母の就業率は81.8%で、そのうち正社員が44.2%、パート・アルバイト等が43.8%となっています。実家に頼れない、子どもが乳幼児や低学年で手がかかるという環境では、パートを選ぶ女性も多いでしょう。

これまで育児と両立するための仕事選びの条件としては、「シフト制である」「急な休みが取りやすい」「勤務時間や勤務日は子どもが園や学校に行っている間」の3つが主流でした。この3つが叶いやすいのがサービス業や工場、コールセンターなどです。

しかし、新型コロナの感染を避けたいという面からは、これらの職種が必ずしもベストではなくなりました。飲食店やスーパーなどのサービス業では数多くの人と接しますし、工場勤務ではリモートワークができません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。