学習不足や学力格差の不安。コロナで二つに割れる親の対応

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年の3月から5月末まで全国的に臨時休校の措置が取られました。学校再開後は授業ペースを速くしたり、夏休みの短縮などの対応で遅れを取り戻す取り組みが行われてきています。

しかし、臨時休校から1年が経とうとしている今でも、コロナ禍による学習不足や学力格差など、子を持つ親の不安が全て解消されたわけではないようです。

約7割の親が子どもの学力低下を不安視

夏休みをはるかに超える長期間の休校。思うように外出できない日々。感染対策で制限の多い中、再開した学校では通常よりも速いスピードで進められる授業。

続きを読む

毎日学校で学び、宿題をして新しい単元の理解定着を図る学びのサイクルが、コロナ禍により突如として中断してしまった昨年。一連の出来事に戸惑わない子ども、そして親はいなかったことでしょう。

塾や習い事の総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」(運営:株式会社CyberOwl)が今年1月27日〜2月9日に実施したアンケート調査(注1)結果からも、臨時休校の影響が今も色濃く残っていることが分かります。

注1:全国の塾・学習塾、予備校、家庭教師に通う子を持つ親300人を対象に、学習環境について質問

まず、「感染拡大で学力低下の不安はありますか?」という問いに対し、「はい」と答えたのは約7割の69%に上りました。

臨時休校で日頃の学習量低下が避けられない事態となりましたが、年が変わった今でも多くの親が子どもの学力低下を懸念しており、問題は現在進行形であることが浮き彫りとなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。