株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅反落、終値は再び29,000円を割り込む

2021年3月4日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 28,930円(▲628円、▲2.1%) 大幅反落
  • TOPIX 1,884.7(▲19.8、▲1.0%) 反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,171.8(▲25.8、▲2.2%) 大幅続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:787、値下がり銘柄数:1,295、変わらず:112
  • 値上がり業種数:6、値下がり業種数:26
  • 昨年来高値更新銘柄数:37、昨年来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は12億8,561万株、売買代金は2兆7,612億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。前日の米国株の続落、とりわけ、半導体指数の急落を受けて、東京市場でもリスクオフモードが一気に高まりました。利益確定売りや見切り売りが相次いだ結果、売買代金は2兆8,000億円レベルまで増加しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は一時▲850円近い急落となり、終値でも再び29,000円台を割り込みました(先週末以来)。取引時間中の高値は29,277円(▲282円)、安値は28,711円(▲848円)となり、値幅(高値と安値の差)は約566円。

なお、TOPIXも同じような値動きで反落しましたが、下落率は日経平均株価より小幅に止まっています。終値は1,900ポイント割れでした。