70歳以上世帯の貯蓄額はいくら?老老格差が生じる現状とは

おわりにかえて

今回は70歳以上の高齢者の貯蓄事情について見てきました。

老後に入ってから慌てないように、現役世代のうちからしっかりと老後に向けた準備をしていきましょう。

老後資金は長い時間をかけてじっくりと増やしていく必要があります。子育てが一段落してから考える遅いかもしれません。

まずは世帯収支の状況を一度整理し、無駄なものを見直しながら毎月の積立資金を確保するところから始めてみませんか。

FPやIFAなどのファイナンシャルアドバイザーに相談しながら進めると、家計の整理はもちろんですがと保障と投資のバランスを取る方法など、適切なアドバイスがもらえるはずです。

まずは無料の相談サービスやマネーセミナーから始めてみてはいかがでしょうか。

マネイロセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。