「携帯ショップへいくな!」は真実か?問題点と今後

Kwangmoozaa/shutterstock.com

とあるチャンネル登録者数20万人を超えるガジェット系YouTuberのアップした動画がバズりました。端的に動画の主張概要は「一部の携帯ショップは情弱から搾取する施設になっている」というものです。

過激に感じるかもしれませんが、主張の内容はとても納得感の高いものであり、動画のコメント欄には「店員ですが、まさしくおっしゃるとおり!」と複数人の携帯ショップの店員が同意するコメントも見られました。

筆者はかつて、携帯電話会社のコールセンター派遣スタッフをしていました。当時はガラケー全盛期で、携帯ショップからもよく問い合わせを受けていた経験がありますので、その観点からもこの問題について思うことをお話します。

続きを読む

携帯ショップへ来店する人は情報弱者?

同氏の主張によると「携帯ショップへ来店する人はいわゆる情報弱者であり、一部のショップは彼/彼女らを搾取している」といいます。

この主張の通り、あらゆる手続きがオンラインで対応出来るようになった現代において、携帯ショップへ来店することの意味合いは薄れているように思えます。携帯ショップに行くことで、オンラインで得ることのできないメリットは「ほしいスマートフォン(スマホ)が当日手に入る」ということ以外の理由以外はあまり見当たりません。

そしてこの唯一といっていいメリットすらも「膨大な待ち時間が余儀なくされる」というデメリットによって、かき消されるといっていいでしょう。ガラケー時代とは比べ物にならないくらい、プランやオプション、スマホの機能は複雑化しています。昨今の携帯ショップの混雑は、そんな複雑化したシステムや機種操作の説明案内に大きな時間がかかっていると見られます。

そしてショップに来店して手続きをする人たちは、

  • 「ネットの操作に自信がない」
  • 「膨大なプランやオプションサービスを把握しきれない」

といった、スマホを取り巻く情報についていけない人たちが中心です。その多くが高齢者であり、そんな最先端のスマホの情報に疎い層が心無い一部の携帯ショップに不当に搾取されているというのです。

筆者が携帯コールセンターで働いている時期も同じような状況でした。ショップに来店中の高齢者が「あなたたちに全部おまかせする。携帯のことはよくわからないから、オススメのものにして」という問い合わせも多くありました。帰宅後に高齢者の子供から

  • 「なんで携帯のことが何もわからない素人に、長期の2年契約なんて結ばせたのか!」
  • 「老人に最新機種なんて必要ない!」
  • 「こんなにオプションゴテゴテにつけて。バカにするな」

といったクレームの電話が何度も入り、その度にお詫びをしていた記憶があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
黒坂 岳央
  • 黒坂 岳央
  • 高級フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」代表
  • 起業家/投資家/ジャーナリスト

関西外国語大学入学、在学中にシカゴDePaul Universityへ留学し会計学を専攻。大学卒業後、ブルームバーグLP、株式会社セブン&アイネットメディア、株式会社コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、熊本の三ッ星フルーツギフト「水菓子 肥後庵」を起業。ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!