ホワイトデーの「3倍返し」なんて都市伝説。イマドキの予算は?

バレンタインデーが終わるや否や、デパートやショッピングモール、スーパーには「ホワイトデー」の文字が。この季節になると「いったいどれくらいの金額の」「どんな品物を」わたせばいいのか…?と頭を悩ませる男性も多いのではないでしょうか。

そこで今回はホワイトデーのお返しに関する世の中の傾向をリサーチしてみました。

今年のバレンタインは異例だった!

実は、今年のバレンタインはコロナ禍の影響で、例年とは大きく様変わりしていました。

続きを読む

未婚男女に関するマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」が今年1月に実施したバレンタインデーに関するアンケート調査によると、「今年は義理チョコをわたさない」と答えた女性が全体の半分超「昨年と比較して、義理チョコをわたす人が減る」と答えた人が7割近くにまでのぼったのです。

確かに今年は在宅ワークの機会も増えたので、バレンタインデーに顔を合わせる男性が少なくなった、という人も多いはず。バレンタインデーに会わないのにわざわざわたすのもなぁ…という気持ちもよくわかります。

ちなみに「義理チョコにかける金額」の相場は、例年と変わらず「3,000円以内」と答えた人が9割以上。そしてなんと、「本命チョコにかける金額」も「3,000円以内」と答えた女性が6割近くに増えていたのです。

そもそもなんで「3倍返し」なの?

今年のバレンタインデー事情がわかったところで、ホワイトデーに話を移しましょう。

ホワイトデーのお返しといえば、なぜか「3倍返し」が定説となっていますが、その理由はいったいなぜ? そう思った人も少なくないはずです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、広告代理店に勤務。結婚、出産を経てライターに転職。以来、自らの妊娠中や子育て期間の経験をもとに、複数のメディアで「子育て」「生活」「人間関係」「ライフハック」に関するコラムを執筆中。