コロナ禍における50代のキャリアに必要なものとは?

何かのタイミングで「今までの人生」と「これからの人生」を考えたこともあるのではないでしょうか。とくに50代はセミリタイヤやセカンドキャリアについて考えるかもしれません。

そこで今回は、株式会社Be-Jin調べ「コロナ禍における50代のキャリア調査」を参考にし、キャリアプランの再考について検討してみましょう。

50代男女の33%が「定年後の人生を考えたことがない」

2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けた1年でした。業種によっては、希望退職を募ったり週休3日制を導入したりしたところもあります。

さらに、厚生労働省は平成29年の「働き方改革実行計画」から副業・兼業の普及促進を図っています。副業・兼業の促進に関するガイドラインも定められ、いくつかの仕事をしている方も増えてきました。

そのうえで、50代男女に定年後のセカンドキャリアのことを調査しました。すると、50代男女の33%が「定年後の人生を考えたことがない」という結果になりました。

この背景には、とりあえず今は仕事があり、給料も出ているからという現状が存在します。直面している仕事に向き合うだけで精一杯なのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪市立大学経済学部卒。大学在学中に人材コンサル会社にて大学生へのキャリア支援や企業の採用活動をサポートする営業事務として勤務。大学卒業後にIT会社にてシステムエンジニアとして勤務したのち、フリーライターとして独立。大学生と企業の両面から採用活動に携わった経験を活かしてビジネス関連を中心に幅広いジャンルで執筆活動中。京都の田舎でゆるりと自分らしい生活を大切に。Twitter:https://twitter.com/k_k_kanana