「ディスプレイオーディオ」本当に便利なのか?メリット・デメリット

Prostock-studio/shutterstock.com

みなさんは愛車のオーディオは何を装着していますか?カーナビを付けている人やCDやラジオだけが聴けるタイプを付けているという人、純正オーディオという人もいるでしょう。特にカーナビを付けているという人が大半かと思いますが、これからのオーディオの主流になりつつある「ディスプレイオーディオ」をご存知でしょうか。

今回は、ディスプレイオーディオを知らない人に向けてその特徴などを紹介していきます。

そもそも「ディスプレイオーディオ」って何?

続きを読む

ディスプレイオーディオと聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。その名の通り「画面のついたオーディオ」ということなのですが、従来のオーディオとは少し異なる部分があります。

ディスプレイオーディオには、従来のオーディオ機能であるAM/FMラジオチューナーやBluetoothオーディオ、USB接続機能が付いています。見た目的にはカーナビのように見えますが、カーナビの機能を有していない、オーディオに特化した車載器ということになります。

一方でスマートフォン(スマホ)との強力な連携機能を有しています。スマホとの連携については対応機種に限りますが、iOS端末であればApple“CarPlay”が、Android端末であれば“Android Auto”の機能が使えます。

これらの機能については、スマホにインストールされているアプリがディスプレイオーディオの画面上で動作します。対応アプリの一例を挙げると、iOS端末では「ミュージック」や「メッセージ」といった基本的なアプリに加えて「マップ」も利用可能です。ディスプレイオーディオ自体にはカーナビ機能はありませんが、スマホと連動させることでカーナビとしても使用できるという、まさに「未来のカーオーディオ」となります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身も2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)資格を保有。記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。Twitter:宇野源一(げんげん)