70代以降のおカネ事情「老後格差の貯蓄額」

「無職高齢者世帯」の貯蓄額

70代以上の貯蓄の現状を確認したところで、次は「60歳以上・無職高齢者」という区切りで、その状況を見ていきます。

先出の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、60歳以上・無職世帯の貯蓄現在高は、4年連続で減少しています。

  • 2014年・・・2372万円
  • 2015年・・・2430万円
  • 2016年・・・2363万円
  • 2017年・・・2348万円
  • 2018年・・・2280万円
  • 2019年・・・2244万円

では、2019年の貯蓄現在高である「2244万円」の中身ものぞいてみましょう。

高齢無職世帯の「種類別貯蓄現在高」(二人以上の世帯)

金融機関

  • 通貨性預貯金・・・552万円(24.6%)
  • 定期性預貯金・・・948万円(42.2%)
  • 生命保険など・・・374万円(16.7%)
  • 有価証券・・・361万円(16.1%)

金融機関外・・・8万円(0.4%)

60歳以上である「無職高齢者」の平均は2244万円、そして70代以上の平均貯蓄額は約2252万円。

70代以降は貯蓄を切り崩すフェーズに入る人が多いのでは?とおもいきや、60代よりむしろ微増しているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。